北国で暮らす年少と2歳前の子がいるママの荷物の工夫(春・夏・秋)~ライター菅ゆみの場合

雪国で暮らすママたちは、夏場と冬場で持ち物が変わるってご存知でしたか?
さらに雪が降るとベビーカーは使えなくなります。

雪が積もっていない時期でも、北海道では歩道の状態が良くないため、過剰積載のベビーカーは危険。
北国に住む徒歩移動のママは、どんなことに気を付けて荷物を持ち歩いているのでしょうか?

冬国で生活するのママたちのバッグの中身が知りたい!

ママプロフィール:4歳(年少)男の子、1歳9ヵ月女の子
基本的な移動手段:徒歩(春夏秋はベビーカー使用)、電車
北海道在住

置きっぱなしにする可能性も踏まえて荷物選びをしよう

私の住む都市は、道があまりよくないので雪が降っていない時期でもベビーカーを押すのが一苦労です。
積雪や除雪作業の関係で道が傷みやすくなっていることもあると思いますが、歩道が元から斜めになっています。
ベビーカーが少し重くなっただけで傾斜の低い方に倒れそうになるのです。
IMG_6800

目を離しがちなバッグはチャックのあるものを

IMG_6793
ベビーカーにかけっ放しでも安心なように、チャックが付いた物を利用しています。
子どもをおろした時に、ベビーカーの手すりにかけた荷物が重すぎて、ベビーカー自体が後ろに倒れることもあると思います。
チャックは防犯の役割が主ですが、バッグの中から物が飛び出て無くなることや汚れる心配もありません。
子どもがいると荷物の重量バランスにまで、気が回らないことがあります。
チャック付きがおすすめです。
ナイロン素材で軽く、ポケットもたくさんついているものを利用しています。

バッグの中身

  • 着替え
  • 下の子用のオムツ2~3枚
  • 手口拭き
  • 使い捨てエプロン
  • 子どもが遊ぶもの(色鉛筆・メモ帳・シール)
  • ティッシュケース
  • ペン、マスキングテープ
  • ペーパーソープ
  • 日焼け止めクリーム

着替え・下の子用のオムツ2~3枚

IMG_6792
子どもが小さい内はウンチが漏れたり、オムツが取れると失敗があったり…。
何かと着替えが必要になりますね。
わが家では着替えは1人分しか持ち歩きません。
どちらが着てもいいように、上の子が着ても下の子が着ても大丈夫なサイズ、色合いの物を持ち歩いています。
巾着にオムツと一緒に入れています

使い捨てエプロン・手口拭き

IMG_6821
急な外食になっても大丈夫なように、使い捨てエプロンをいつもカバンに入れています。
100円均一のCANDOで10枚入りで売っています。
わが家ではかなり重宝しています。

お尻拭きだと口を拭くことに多少の抵抗がありますが、手口拭きだと気にせずお尻は拭けるので、手口拭きを持ち歩いています。
わざわざお出掛け用の小さな物は買わず、家で使うサイズの物を外でも使っています。

色鉛筆・メモ帳・シール

上の子の習い事の時に、下の子用に色鉛筆やメモ帳、シールを持っていきます。
まだ絵を描いて遊ぶ集中力がないため、すぐに飽きてしまいます。
そんな時にシールを渡すと、長めに時間が潰せます。
手がまだ器用ではないので、自分でシールを剥がしたり貼ったりが難しく、真剣にシールと格闘しています。
※色鉛筆もメモ帳も小さくて邪魔にならないサイズです。
シールは病院で貰って帰ったり、100円均一で購入したりしたものです

ティッシュケース

ティッシュケースにはティッシュの他に、櫛や鏡、リップクリーム、鞄掛けのフック、薬も入っています。
頭痛持ちなので、急な頭痛で外出が辛くならないよう必ず鎮痛剤を持ち歩くようにしています。

ペン、マスキングテープ

マスキングテープはお菓子やパンを持ち歩くときに、封ができ便利なので鞄に入れています。
IMG_6797

【夏限定の持ち物】急な外遊びを意識

IMG_6805

ペーパーソープ

夏は外遊びをすることがあるので、紙石鹸を持ち歩いています。
公園には水道はあっても石鹸は置いてありません。
しっかり手を洗いたいのに石鹸がない…ということが防げますので外遊びが多い方にはお勧めしたいです。
赤ちゃん本舗で300円くらいで購入しました。
小さくて場所を取りません。

日焼け止めクリーム

急な公園遊びにも対応できるよう、日焼け止めクリームを入れています。
わが家では子どものシャンプーや保湿クリームはナチュラルサイエンスを使用しています。
試供品をよく貰うので携帯用として利用しています

子どもが急に走り出しても大丈夫!貴重品は常にポシェットで身につける

IMG_6799
子どもが小さいうちは、急に走り出すことがありますよね?
そんな時、ベビーカーに貴重品を積んだままだと貴重品が気になります。
けれど、ポシェットに入れ常に身につけていれば安心。
毎日やんちゃなお子さんに振り回されている…というママには、ポシェットは本当にお勧めです。

ポシェットの中身

  • 鍵、財布
  • 携帯電話
  • 病院受診セット(保険証・医療費受給者証・診察券・お薬手帳)

鍵、財布

鍵は100円均一で購入したフック(カラビナ)に、自転車やキャリーケースなどの鍵もまとめてつけています。
鞄やズボンに引っ掛けやすいので、何年もこうやって使っています。

携帯電話

通常の携帯電話より大きくポケットに入りづらいことがあるので、首から下げられるストラップを付けています。
このストラップは使わない時には片手で簡単に取り外せるので便利です。

病院受診セット

保険証・医療費受給者証・診察券・お薬手帳。
突然病院へ行くことになっても大丈夫なように、病院受診セットを持ち歩いています。
私の住んでいる町では子ども医療費助成があります。
ピンク色の子ども医療費受給者証、保険証、診察券は一箇所にまとめ、お薬手帳と一緒に持ち歩いています。

まとめ

車なしの子育て生活で『たくさんの荷物を持ち歩いて、果たして使うのか?』と思うようになりました。
冷静に考えてみると、実は全く使わないものも“いつか使うかもしれない保険”のために鞄に入れていることも。
『これは使わない』『なくてもどうにかなる』
気持ちを切り替えると、みるみる荷物は減っていきました。
これから、ママバックをどうしようかと考えている方には。リュックサックやポシェットをお勧めしたいです。
荷物は必ず減ります。
(ただし、夏場のリュックサックは背中の汗がすごくなるのでおすすめしません。冬は背中が温かいです!)

リュックサックは、両手がスッと出せ、長時間持ち歩いても負担が少なくてすみます。
子どもたちが安全に、ママの負担も少なくなりますね。
親子でのお出かけが重労働になりませんように!
バッグ選びの参考になれば幸いです。
icon-check01おでかけバッグをコンパクトに!3歳児の子どもリュックとママの持ち物~ライター西丸みのり

icon-check011歳の子どもがいるママバッグの中身!荷物をコンパクトにする工夫とは?ライター高橋奈奈子

icon-check011歳と年少の子どもがいるママバッグの中身は何が入っているの?ライター金子奈菜絵の場合

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

管ゆみ

料理と育児のコラムを発信するママライターです。大学で演劇を専攻し、卒業後は小さな舞台を中心に活動していた元舞台女優です。昼はコールセンター・夜は劇団の研究所という生活を送っていました。切迫早産で長期入院を経験しながら、息子と娘をそれぞれ20代後半で出産。現在は、舞台からwebへと表現の場を移し、役立つ話題をお届けしたいと思っています。山口県出身・東京で活動、現在は北海道で暮らしています。