赤ちゃんにゲップを上手にさせる方法が知りたい!保健師が教える吐き戻しが多い赤ちゃんにおすすめ

執筆者:金子奈菜絵

赤ちゃんのゲップはどうやってさせたらいいの?

おっぱいやミルクをあげたら、必ずゲップをさせてくださいね!
と、病院で指導されたものの、いつまでたってもゲップがでない・・・。そんな風に悩んでいませんか?

簡単なように見えて、初産のママにとってはゲップは難しいものです。

prof05_金子右配置生まれたばかりのちいさな赤ちゃんに対して、初めての抱っこ・初めての授乳。
首が座っていない、柔らかくて小さな赤ちゃんを抱っこしていると、力加減がわからずゲップさせるのも不安になってしまいませんか?

  • 小さくてフニャフニャの赤ちゃんを上手く抱っこできない。
  • いくらトントンしてもゲップが出ないけれど、布団に置いていいのかしら?
  • 授乳後しばらくするとゲップと一緒に吐き戻してしまうのが心配…

・・・同じ悩みを抱えるママさんはたくさんいらっしゃいます。


新生児室に勤務していた頃、1日に20人近い赤ちゃんにミルクをあげた経験から、

上手なゲップのさせ方についてお伝えしようと思います。
icon-check01新生児・生後1カ月・生後2カ月のミルクの量と回数は?保健師が教える目安量

上手なゲップのポイントその1~赤ちゃんを担ぐ!

縦だき抱っこ2
授乳室で赤ちゃんにゲップをさせるママさん達を見ていると、ママの肩の位置に赤ちゃんの頭があることが多くあります。
この体勢だと、赤ちゃんの胃はママの胸くらいの高さになり、

空気が入ってしまった胃を効果的に押してあげることができません。
ポイントは『赤ちゃんの胃の位置=ママの肩』になること。

ゲップ 子ども
こうすることで、赤ちゃんの胃が押され、ゲップが出やすくなります。

上手なゲップのポイントその2~トントンではなく、さする!

ゲップをさせる際に、赤ちゃんの背中をトントンしている方を多く見かけます。
間違っているわけではないのですが、

実はトントンよりも、なでる方が効果的。

胃から上に向けて、優しく背中をさすってみましょう。
更にゲップが出やすくなります。

赤ちゃんを肩に担ぐスタイルが難しい場合

お腹の傷が痛んだり、産後のママは思ったよりダメージを受けています。
赤ちゃんを肩に担ぐスタイルが難しい方もいらっしゃいますね。
そんな場合は、膝の上に赤ちゃんを座らせ、ママの腕に赤ちゃんの胸がもたれるような体勢を取ってみましょう。

ちょうど、沐浴をさせる時に、お背中を洗うような体勢です。
そうすることで、赤ちゃんの胃がママの腕で押され、ゲップが出やすくなります。
この体勢は、赤ちゃんの体重が増えてきても楽にゲップをさせられるので、覚えておくと重宝します。

豆知識

病院の新生児科に勤務していた時は、肩に担ぐスタイルで全員にゲップをさせるのは大変なので、ほとんど膝の上でゲップをさせていました。
どちらの体勢の方がゲップが出るかは個人差がありますが、膝の上の方がママも楽ですし、赤ちゃんの顔も見えて安心だと感じました。
ゲップと一緒にミルクを吐いてしまい、ママの肩~背中がグッショリ・・・という事態も防ぐことができます!

icon-check01生後1カ月のミルク量はどのくらい必要?最適な回数と体重増加・不安点

なぜゲップが必要?

赤ちゃんは、母乳やミルクを飲むときに空気も一緒に飲み込んでいます。
その空気がゲップとして出るときに、母乳やミルクを一緒に吐きだしてしまい、誤飲や窒息を引き起こす可能性があります。
また、お腹に空気がたくさんたまっていると、苦しくて機嫌が悪くなることが増えてしまいます。

それでも、ゲップが出なかったら?

吐き戻し防止まくら
ゲップが出なくても、心配する必要はありません!
飲み込んだ空気は、オナラとしてちゃんと出てきます。

5分ほど抱っこしていてもゲップが出なかったら、赤ちゃんの体の右下に丸めたバスタオルを差し込み、すこし傾斜をつけて寝かせてあげましょう。(吐き戻し防止まくらもおすすめです。)
そうすることで、吐き戻した母乳やミルクによって窒息するのを防いでくれます。
icon-check01保健師の教える吐き戻しの原因と改善方法~赤ちゃんの吐き戻しが多くて心配!

母乳量不足が気になるなら
icon-check01母乳量不足で悩まないで!保健師が教える母乳を増やす方法おすすめ5選

ボタン

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

保健師ライター 金子奈菜絵

大学病院の小児科で新生児室・私立総合病院の産婦人科で長年看護師として従事してきました。 現在は保健師として、育児相談のアドバイスや赤ちゃんの健康チェックなど、地域の子育て支援事業に参加しています。生後1か月健診~3歳6か月健診の健診も担当しています。男の子を2人育てるワーキングマザーです。