子どもが発熱・感染症に!他の兄弟に移さないための4つの予防方法

執筆者:梅田万由子

他の子にうつしたくない子どもの風邪の対処法は?

兄弟姉妹がいると、学校や幼稚園で病気をもらってきてしまうことも多いですね。
一人っ子の時には感染源も限られていましたが、小さい子どもが上の子ども経由で風邪や伝染病に感染することもあります。
どうにか気をつけて、他の子にうつらないようにしたいですよね。
予防方法をご紹介したいと思います。

1.部屋を分けて湿度を上げる

6843_01
まず患者である子どもと元気な子どもの生活スペースを分けます。
寝室を別々にして症状が良くなるまでは接触を避け、室内を加湿してください。
ない場合は濡らしたタオルを吊るして湿度を上げることもおすすめです。

湿度を高めるとウイルスや菌の活動が抑えられ、感染しにくくなります。
子どもがキッズ用マスクを着用できる年齢なら、部屋の中でもマスクを付けるようにしましょう。

また、緑茶に含まれる茶カテキンは殺菌作用がありますので、緑茶で口をすすぐことも風邪予防にお勧めです。

2.たった10cmでも効果のある窓の開け方

6843_02
症状が収まってくると子どもは、他の兄弟と遊びたくなってしまいますよね。
それを無理に止めてしまうのもかわいそうです。
ですが、幼稚園や小学校のお兄ちゃん・お姉ちゃんと違って、小さい子どもはマスクを上手に付けることができません。

そんな時は、換気をこまめにすることがおすすめです。

寒い時期に窓を全開にするのは大変です。
けれど、1回10分程度窓を10cm程開けるだけでも十分換気ができます。
風の通り道がるように2か所以上の窓を開けましょう。

換気と同時に空間除菌もおすすめです。
市販の塩素系除菌剤は手軽に手に入ります。
ただし、赤ちゃんや小さな子どもの顔や身体に付着することがないように気を付けてあげてください。
火傷をしてしまう可能性があります。

3.早寝早起き、手洗いうがいは大切です

146393
感染力の高い病気であっても、同じ家族中には移る人と移らない人がいます。
疲れがたまっていたり、免疫力が落ちていると病気をもらいやすくなります。
子どもも大人も早寝早起きで規則正しい生活を心がけてください。

栄養状態が良いということは、風邪予防で非常に重要です。

手洗いうがいも大切です。
小さい子どもでも帰宅後には手洗いやうがいをする習慣を日頃からつけておきたいですね。
外からの菌をなるべく家に持ち込まないようにできます。

4.産後ママと赤ちゃんは要注意です

144064
産まれて半年くらいまでの赤ちゃんは、ママの免疫力があるから風邪が移りにくいといわれています。
かといって、完全に移らないわけではありませんので注意しましょう。
移った場合に薬を飲むことはできませんので、できるだけ感染者の子どもに近づけないようにしましょう。

また産後しばらくのママは免疫力が落ちています。
子どものお世話を主にするのはママですから、自然接触率が高くなってしまいます。
必ずマスクをつけて、お世話の後には手洗いを心がけましょう。
ママが風邪で倒れてしまったら家族は大変です。

執筆者の体験談

パパがどこからか貰ってきたインフルエンザに家族みんなが順番にかかってしまいました。
子どもたちはワクチンを打っていたため軽く済んだのですが、ママである私はワクチンを打っていなかったためしっかり熱が出てとても辛かったです。
日頃からの体調管理の大切さを、身を持って知りました。

まとめ

家族全員が順番に熱を出してしまうと、とっても大変です。
特にママは24時間営業ですから、育児や家事など倒れてしまうと
家族みんなが不安になってしまいますので特に気をつけましょう。

まず外から菌が入ることを防ぎつつ、もし感染してしまった場合には被害を最小限に食い止める工夫をすることが大切ですね。

関連の記事

子どもに鼻をかませたい!小さい子どもに鼻のかみ方を教える練習方法
鼻のかみ方

【授乳中に風邪なんてひきたくない!】保健師が教える5つの予防法

風邪

執筆:梅田万由子

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

梅田 万由子

独身時代は印刷データのデザインをする会社に勤務していました。 結婚を機に退職し、現在は4人の母業のかたわら、マイペースにライター業をしています。今は「母親」が天職だと感じて、日々成長する子どもたちと笑いに包まれた生活を満喫しています。趣味は映画観賞で、最近は海外ドラマをキッチンでこっそり視聴するのが日課になっています。 三重県の田舎でのんびり暮らす、テニスやゴルフなどスポーツ好きでチャレンジ精神旺盛、アクティブな母です。三重県在住