赤ちゃん・ママの病気対策

赤ちゃん・子どもに薬を飲ませる方法ご存知ですか?6ヶ月以降(離乳食開始後)編

更新日:

執筆者:金子奈菜絵

薬の飲ませ方知っていますか?生後6ヶ月以降(離乳食開始後)編

6~7ヵ月を過ぎ、離乳食を始める頃になると、お薬も色々な食べ物に混ぜて飲ませることができるようになります。
赤ちゃんの好みに合った食べ物が見つかれば、お薬を飲ませるのもずっと楽になるので、是非色々チャレンジしてみてください!

どんなものに混ぜたら飲ませやすいの?というママさん達に、
よく「ウチの子はこれに混ぜたら飲んだよ~。」と耳にするものをお伝えしようと思います。
離乳食開始前のお子さんは↓
【赤ちゃんが風邪を引いた】薬の飲ませ方0~5ヶ月(離乳食開始前)編

スポンサーリンク

これに混ぜると飲みやすい!食べ物リスト

1.フルーツヨーグルト

キューピー ベビーフード フルーツヨーグルト(デザート) 70g×12個
ブルーベリーや苺のヨーグルトなら、色がついている粉薬も気づかずに飲ませることができます。
味もプレーンより濃いので、気づきにくいようです。

2.アイスクリーム

オーガニックアイスクリーム「バニラ」90g(国内産・有機牛乳・有機卵使用)
お薬が白色ならばバニラでもOKですが、色つきの場合はストロベリーにするなど注意を。
違う色が混ざることでお薬に気付くお子さんもいます。

3.練乳

森永 森永ミルク 缶 397g×3個
甘味が強いので、お薬の苦みに気付きにくいと言われています。

4.チョコレートソース

明治屋 チョコレートシロップ(ヘーゼルナッツ風味) 200g×4本
練乳同様、お薬の苦みに気付きにくいと言われています。チョコレートを食べられるお子さん向け。

5.ゼリー

ブルボン くだものいっぱいゼリーぶどう 185g×12個
色の濃いブドウ味などのゼリーが良いようです。

市販のお薬用ゼリーも使いやすい

普通のゼリーでもOKですが、今は薬を飲むために作られたゼリーも薬局で売られています。
お薬飲めたね

保健師ママの目線から

ちなみに我が家では、おくすり飲めたねを愛用しています。
理由は・・・

  • 適度な硬さがあり、おくすりを包みやすい
  • 開封後、1週間は冷蔵庫で保存できるので、風邪薬がなくなる位まで使える
  • お砂糖が入っていない

ポイントは、他の食品と違って、お薬を丸ごと包めてしまうこと。
ごくん!と一気に飲めるので、味もわかりにくいようです。

お薬をゼリーと混ぜるのではなく、スプーンや器でお薬をくるむように使います。

1.スプーンに適量のゼリーをのせます

お薬飲めたね1

2.ゼリーの中ほどに薬をのせます

お薬飲めたね2

3.薬をゼリーでおおってできあがり

お薬飲めたね3

これをやってはダメ!NGポイント5つ

1.ご飯や豆腐など、主食やおかずになるものに混ぜる

お粥やご飯、豆腐などに混ぜてしまうと、その食べ物を嫌いになってしまうことがあります。
嫌いになったら困るものに混ぜるのは避けましょう。

2.薬を混ぜているところを見られる

少し大きくなってくると、薬を混ぜているところを見ると、絶対に飲まない!ということも。
お薬嫌いのお子さんのママは、こっそり準備をしましょうね!

3.離乳食と同じスプーンであげる

これも1.と同じ理由で、普段の食事そのものを嫌がることが無いようにするためです。

4.1回で食べきれない(飲みきれない)量のものに混ぜる

お薬を残さないようにするためです。できれば1~3口で食べきれるものを。

5.飲まない時に怒る

「お薬飲まないと、治らないよ!!」とついつい怒ってしまいがち。
けれど、怒ってしまうと、子供の中でお薬=恐怖体験と結びついてしまいます。
少しでも口に入ればいいや!くらいの気持ちで、笑顔で飲ませてあげましょう。

執筆者の声

ご参考までに、我が家の4歳・0歳の子供の状況をお伝えします。
長男(4歳):
市販のお薬用ゼリーを使います。
今は上手に飲めますが、小さい頃は、
・お薬用に大好きな新幹線スプーンを使い、お口をトンネルに見立てて飲む
・1口飲んだらママが面白い顔(ダンス?)をする
・・・など楽しく飲める工夫をしました。今ではすっかりお薬好きです。

次男(0歳・離乳食後期):
シロップの場合はそのまま、粉薬は練って口に貼りつけています。
大好きなテレビを見ながらだと、薬に注意がいきにくく、割とスムーズにごっくんしてくれます。
飲んだら家族全員で拍手喝采!!をすると、頑張れるようです。

まとめ

お薬の意味がわかって、頑張って飲めるようになるのは4~5歳くらいでしょうか。
それまでは、ママも子どもも大変ですが、飲ませ方や混ぜるものを工夫して乗り切りましょう!!

-赤ちゃん・ママの病気対策
-

Copyright© 後悔したくないママのための子育て充実サイト , 2017 All Rights Reserved.