生後2カ月の外出で大失敗!おでかけ先で思わず困ったこと6選

執筆者:pro山田さん山田風子

生後2カ月の赤ちゃんとのお出掛けで困ったこと6選

生後2カ月の赤ちゃんとのお出掛けで困ったことはありませんか?
新生児期を過ぎて少し扱いやすくなった赤ちゃんだと思いますが、まだまだお出掛けは大変ですよね。
首が据わっていないと、移動も一苦労です。

授乳やおむつ交換も頻繁ですから、荷物も多くなることでしょう。
先輩ママの体験談をご紹介しますので、失敗しやすいことを参考にしてお出掛けを工夫してみてくださいね。

1.授乳のタイミングに合わせて外出を!

akko_生後3か月まで (2)
まだ2カ月の赤ちゃんは授乳の回数も多いですよね。
できるだけ外出先の情報を調べておき、授乳できる場所なども確認しておくと安心ですね。
また、赤ちゃんの授乳の時間が迫ってしまい、焦ることが無いように余裕をもって行動したいものですよね。
できるだけ赤ちゃんの授乳時間に合わせた行動プランを立てるようにしてみましょう。

先輩ママの体験談:赤ちゃんのタイミングを大切に!

KNSL家族 (5)完母だったので、とにかく授乳室の有無が一番気がかりでした。
あとは、移動中すぐにオムツ交換できないときにウンチをしたらどうしようと心配でした。
すぐにオムツを交換しないとお尻が真っ赤になってしまうので。
乗り物の中でギャン泣きしたらどうしようとも思っていました。

出かけるギリギリまで授乳をしておく。
自分の準備や赤ちゃん用の荷物は前日に用意してしまい、家を出る直前にあわてずに授乳できるようにしました。
事前に、目的地周辺の授乳室やトイレの場所の情報を仕入れておく。
アプリで情報を仕入れたり、その場所に行ったことのあるママさんに教えてもらったりしました。
授乳時間に合わせて行動プランを立てておく。
主人とプランをたてたおかげで、当日「おっぱいの時間がせまってるから早くして!」とイライラせずにすみました(笑)。
(ゆちママ27歳・1歳娘・神奈川県在住)

2.下調べをしっかりしておでかけを

akko_生後6か月~10か月 (8)
赤ちゃんの授乳やおむつ替えのできる場所をチェックしていますか?
外出先では思うようにトイレが見つからないこともあります。
また、授乳室が完備されていない場所もありますよね。

行き先や往復の途中でも、どこでおむつを替えることができるか、授乳ができるかを調べておくといいですね。
赤ちゃんは急に泣き出してしまうことも多く、一度泣き出してしまったら、解決するまで泣きやんでくれません。
泣いてから焦ることがないよう、下調べをしっかりしておくと安心ですね。

先輩ママの体験談:いつでも授乳ができるように!

ayatama0歳-1歳 (19)授乳間隔が短く、いつ泣き出すかも分からない、何が起こるかも分からなかったので、外出するときは常に不安でした。
赤ちゃんはまだ外の環境に慣れておらず、免疫力もまだ低いので、人混みや長時間の外出は避けていました。
いつでも授乳できるように、授乳できる場所を調べていました。
(あーちゃんまま24歳・4カ月娘・神奈川県在住)

先輩ママの体験談:出掛ける先の状況を把握しておきましょう

KNSLおでかけ (17)オムツをどれだけ持っていけばよいか、そもそもオムツを家の外で替えられるのかが不安でした。
また、夏だったので水分補給が心配でした。
長い時間出かけるのはなるべく避けるようにする。
また、出かける先に授乳室やオムツ替えができる所があるか調べておくことも大切です。
(ちゃっぴ29歳・2歳息子・長野県在住)

3.着替えは多めが安心です!

ayatama0歳-1歳 (22)
まだ赤ちゃんのうんちはゆるゆるですよね。
そのため、少し量が多かった場合はうんちがおむつから漏れてしまうこともありますね。
そんなときに困らないように、おむつや着替えは多めに持って歩くと安心です。
生後2カ月の赤ちゃんはどのタイミングでうんちをするかはっきり分かりません。
少しのお買い物でも持って行ってはいかがですか?

先輩ママの体験談:うんちが漏れても着替えがあれば安心!

KNSLおでかけ (43)必要以上に外出することは避けていました。
人ごみも避けていました。
しかし、食材の買い出しに行ったスーパーで「こんな小さいのに」という目で見られることが多かった気がします。
暇つぶしではなく、仕方なく生活のために来ているのに、とても肩身が狭かったです。
予想よりも寒くなっても大丈夫なようにと、寝てしまったときのために、おくるみはいつも持っていました。
うんちがたまに漏れたので、おむつと着替えは多めに持ち歩くようにしていました。
(れんちゃんママ31歳・1歳息子・滋賀県在住)

先輩ママの体験談:多めが安心です!

KNSLグッズ(10)母乳育児の為、2時間おきぐらいで授乳をさせなければならないことが大変でした。
授乳の際の場合も困りました。
赤ちゃんが疲れない程度の外出をお勧めします。
オムツの他に着替え、ガーゼは多めに持ち歩くといいと思います。
(ぷい子23歳・8カ月子ども・岡山県在住)

4.とにかく短時間で!

ayatama0歳-1歳 (21)
できるだけ外出しないほうが良いということは分かっていても、やむを得ない事情もありますね。
また、上に兄弟が居る場合は上の子の学校、幼稚園、保育園などの用事もあり、外出は避けられませんね。
それ以外にも上の子達の不満も受け止めてあげたいので、少々の遊びのお付き合いも仕方ないかもしれません。

それでも、まだ赤ちゃんに行楽地などは居心地の良い場所でないんですよね。
そんなときは、上の子達にもしっかりお話をして、きちんと約束事を決めて短時間で済ませるようにしましょう。
もちろん準備はしっかりして、赤ちゃんの負担を減らしてあげましょうね。

先輩ママの体験談:短時間で完全防備です!

KNSL_室内(71)私は2カ月で上の子どもがいる為、幼稚園への見送りお迎えへと連れて行かざるを得ませんでした。
1人目のときは半年くらい外出は控えていたのに3人目にもなると仕方ありません。
しかも真夏に海へ連れて行かなくてはなり本当は避けたかったのですが、どうしてもと子供に頼まれて、短時間の約束でパラソルに隠して完全防備でした。
2カ月の赤ちゃんはお母さんの免疫がまだあるとはいえ、外出は最低限の回数で人ごみの多い場所は避けるべきだと思います。
(みっみっ36歳・5歳娘・2歳娘・0歳息子)

5.ブランケットで温度調節を!

KNSL室内 (7)
生後2カ月といえば、お母さんからの免疫がまだある時期ですよね。
とはいえ、まだ体力のない赤ちゃんです。
できるだけ不要な外出は避けたいものですよね。
人混みに出掛けたりすると、風邪など心配になります。

外は暑くても、建物の中は寒いほど冷房が効いていたりしますよね。
また、その逆で外が寒い日でも、屋内は暖房が効いていてコートを着ていては暑いくらいです。
そのようなときに、素早く温度変化に対応してあげたいですね。

先輩ママの体験談:ブランケットが便利です。

KNSL_食事 (1)赤ちゃんに抵抗力がひくいため、風邪等ひかないか、心配になりました。
また、首がすわってないため、けが等が心配になりました。
あまり長時間の外出は、ひかえたほうがいいと思います。
また、寒い、暑いなどに対応できるよう、ブランケットを用意したりしましょう。
(りえ・5歳娘・大阪府在住)

6.温度調節をしてあげましょう!

KNSL家族 (2)
ベビーカーや、抱っこ紐の中は大人が思う以上に暑かったり寒かったりするようです。
抱っこ紐はママと体が密着しているので、冬は暖かいですが、夏は親子で汗だくになってしまいますね。
ベビーカーも真夏は温度が上がってしまい、赤ちゃんも辛い思いをしてしまうようです。
寒暖の差に赤ちゃん自身が上手に対応できないので、工夫して移動してあげてくださいね。

先輩ママの体験談:暑いときにはアイスノンで!

akko_生後6か月~10か月 (4)まだ首が据わっていないので抱っこ紐で外出かベビーカーで外出するか迷いました。
この時期暑くて汗もができて大変でした。
あまりホコリが多いような人混みは避けて、日用品など必要以上には出かけませんでした。
寒暖の変化に本人が対応できないのではと思いなるべく抱っこ紐をしていても涼しく感じるよう、ベビーカーでもアイスノンをタオルに包んで使っていました。
(みちママ34歳・6カ月息子・沖縄県在住)

先輩ママの体験談:脱ぎ着しやすい洋服で!

KNSL_室内(75)外は寒いのですが、店など屋内に入ると暖房がしっかりきいていて暑いくらいの場所もあるので、服装にいつも困っていました。
寒くても肌着はあえて短いもの、半袖にし、脱いだり着たりその場で対応できるように重ね着していました。
(ちーちーちゃんママ37歳・5歳息子・0歳娘・広島県在住)


先輩ママの体験談:付属品を上手に使って調節!

KNSL_誕生日(4)あかちゃんは温かいので、自分は寒くてもあかちゃんは暑いのか寒いのか?と疑問でした。
自分の着るものよりやや薄手でも大丈夫だと思いますが、顔や頭は、直接外気に触れるので、耳あて付きの帽子などをかぶらせると良いと思います。
あかちゃんは体温が高いので、暑すぎず、けれども外気に直接触れるのはやはり寒いので、頭や顔なども注意してあげるべきです。
(こうちゃんママ37歳・6歳息子・4歳娘・石川県在住)

まとめ

荷物の準備を万端にすることはもちろん大切ですね。
おむつや着替えが多いと荷物が増えて大変ですが、いざというときに困らないように、しっかり持って行きましょう。
また、お母さんの精神的な安心のためにも、事前の下調べは大切なようですね。

どこでおむつ替えや授乳ができるのか分かって出掛けるだけで、心に余裕がもてます。
とっさに焦ることがないように、前もって情報収集しておけるといいですね。
そしてなにより大切なことは、必要以上に長時間出掛けないことかもしれません。

新生児ではないと言っても、まだ2カ月ほどの赤ちゃんです。
体温調節も上手にできませんし、体調も気になります。
できるだけ長時間、遠くに外出することは避けられると良いですね。

近所の公園に日向ぼっこに行ったり、お家の周りをお散歩したりして過ごすのはいかがでしょうか。
また、お買い物も近くのスーパーで必要な分だけにしたり、ネットスーパーなどを上手に利用できると助かりますよね。
赤ちゃんとのお出掛けが、安心して楽しめるまであと少しです。
この時期は少し遠出は我慢して、近場で楽しめる工夫ができると安心ですね!

関連の記事

生後2か月で2時間以上のおでかけ!出かけた先で困らない持ち物一覧
生後2か月で2時間以上のおでかけ!出かけた先で困らない持ち物一覧
ママバッグの荷物がコンパクトに!使い方9通り以上クラフトチャックバッグが人気
ママバッグの荷物がコンパクトに!使い方9通り以上クラフトチャックバッグが人気

授乳中のママに人気!ダイエット企画の紹介

授乳中のダイエット (1)

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ