切迫流産・切迫早産

切迫流産になる6つ原因と流産の予防法~不安にならないで!【保健師コラム】

更新日:

切迫流産とはどういうもの?

「切迫流産」という言葉を妊娠して初めて聞いた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
みなさん、切迫流産がどういうものなのかご存知でしょうか?
正しく知ることで、切迫流産の危険から自分とお腹の赤ちゃんを守りましょう。
「流産」とは、妊娠21週6日までの間に赤ちゃんが子宮の外へ流れ出てしまい、妊娠が継続できない状態をいいます。
しかし、切迫流産とは、『流産になりかけている状態』です。そのため、妊娠を継続できる可能性があります。
切迫流産は決して珍しいことではなく、全妊娠の15%がなると言われています。

つまり、妊婦さんの6~7人に1人。他人事ではありませんね。

切迫流産の症状を知って、流産を防ごう!

性器からの出血と、下腹部の痛みが主な症状です。
少量の出血や軽い下腹部痛は、妊娠初期には多いものです。
けれど、出血の量が増えたり、激しい下腹部痛になってからでは、手遅れになってしまうケースも。
出血や痛みに気づいたら、病院に相談するか受診をするようにしましょう。

豆知識

妊娠中、出血のトラブルは多いものです。
少量の出血でも気付けるように、色や柄の濃いショーツは避けてください。
マタニティ専用のショーツを身につけましょう!
トイレに行ったときはティッシュに血がついていないかも確認すると良いですね。

切迫流産の原因を知っていますか?

切迫流産の原因には次のようなものが考えられます。

1.頸管無力症(けいかんむきりょくしょう)

妊娠14~15週を過ぎて切迫流産になる方の中では、この頸管無力症の割合が高くなります。
頸管無力症とは、体質的に子宮頸部(子宮の入り口)の力が弱いため、赤ちゃんが大きくなってきたときに支えきれなくなるものです。
初期は無症状ですが、定期的に健診を受けることで発見できます。

2.子宮の出口の炎症

クラミジアなどの感染症が原因の場合もありますが、原因不明の炎症が起こることもあります。

3.子宮筋腫

子宮筋腫は、大きさや位置によって、妊娠に影響がある場合があります。

4.子宮頸部円錐切除後

子宮頸がんなどの治療のため、子宮の入り口を切除することです。

5.胎盤後血腫

受精卵が着床するときに、胎盤と子宮の間に血液が溜まってしまうことです。

6.過労・冷えなど

過労や冷えなど、母体への負担が原因になることもあります。

切迫流産に気を付けたい職業のママとは?

最近では、お仕事を続けながら妊娠生活を送るママも増えています。
以下のようなお仕事に就いている方は、心身への負担が他のママさんよりも大きいと予想されます。
そこで、ご自身の体調へは充分な配慮が必要です!

prof05_金子右配置決して無理をせず、体調に不安を感じる時には、思い切って休むことも考えましょう。
赤ちゃんの命を守れるのは、ママだけです。

  • 激しい運動をする仕事:スポーツインストラクターやスポーツ選手など
  • 重いものを運ぶ仕事:配送の仕事、保育士・看護師・介護士など
  • 長時間歩く仕事:営業職など
  • 長時間立ち続ける仕事:調理師・販売職・美容師・工場のライン作業など
  • ストレスの多い仕事:システムエンジニアや編集職・設計士など


切迫流産の治療とは?

切迫流産の治療の基本は、『安静に勝る薬なし』です。
10週未満の場合は安静以外に治療法はありません。
それ以降の場合も、薬での治療と併せて必ず安静が必要です。
安静の度合いは症状によりますが、仕事は長期的に休む必要があります。
また、家事も最低限にする必要があるため、夫や家族などの協力が欠かせません。
出血がひどい場合は、入院して安静治療を行うこともあります。

日常からできる予防法:過労・冷えへの対処

妊婦さんの幸せ
切迫流産を防ぐために、ママが日頃から出来ることがあります。
それは、過労と冷えを防ぐこと。

過労を防ぐために、夜はしっかり休み、体調不良を感じたら横になることも大切です。
ストレスをためないよう、意識してリラックスる時間を取りましょう。
また、冷えは安産の天敵です!
腹巻やレッグウォーマーなどで、お腹・腰回りや足を温めてあげましょう。

スポンサーリンク

まとめ

特に夏場は、体感温度の高い妊婦さんは薄着をしがちです。
サンダルに短いボトムスを履きたい気持ちはわかります。
けれど、出来ればソックスやレッグウォーマーを着用して、冷えを防ぐとよいですね。
それでは、みなさんの妊娠生活が充実したものになりますように。

-切迫流産・切迫早産
-

Copyright© 後悔したくないママのための子育て充実サイト , 2017 All Rights Reserved.