産後の悩み

育児あるある!ママが意外だった産後の身体の変化と陣痛よりキツイもの8選

更新日:

執筆者:pro崎山さん崎山祐子

出産すると身体が変わる?

出産すると身体が変わるとよく聞きますよね。
実際に自分で実感してみないとわからないものですが、体力の低下や体型の変化などに困ったママたちも多いようです。

出産前に体がどんなふうに変化するのか知っていたら、もしかすると前もって準備をお願いできるものもあるかもしれません。

今回は、サイトが独自に行ったアンケートをもとに、産後のママの体の変化についてまとめました。

1.母乳育児は楽なんて、誰が言ったんでしょうね?

KNSL室内 (5)
母乳で育てるのが楽でいいなんて、よく聞きますよね。
確かに粉ミルクと違い、お湯の用意も哺乳瓶の煮沸も要りませんから、楽と言えば楽ですよね。
でも、乳腺炎になったり、詰まったり、逆に出なかったり…母乳育児は妊娠中に思ったよりもなかなか大変のようですね。
なかには出産より辛かったという方もいます。
icon-check01母乳の悩みが10日ですっきり!生後1か月から授乳中にはじめた【すっぽん小町】

先輩ママの体験談:母乳育児中は睡眠時間がとれない

生まれてすぐの赤ちゃんのおっぱいが、こんなに頻回だとは思っていませんでした。
睡眠時間をとるのが大変でした。
私は幸い母乳の出が良かったので完全母乳でしたが、最初の子は乳首が切れたり乳腺炎になりかけるほど張ったりして、痛い思いをしました。
お乳が滲んで、下着がびしょびしょになったこともあって驚きました。
(さくらもち37歳・7歳息子・5歳娘・大阪府在住)

先輩ママの体験談:自然に出ない母乳

クリックして詳細を読む
赤ちゃんが産まれたら、自然に母乳が出てくるもんだとと思ってました。
ですが、出産後に、下半身も痛かったですが、母乳がでるようにおっぱいが腫れ上がるぐらい搾られるのは意外でした。
なかなか出なかったので、入院中はずっと看護師さんにマッサージをされていました。
(とんママ 31歳・5ヶ月息子・奈良県在住)

先輩ママの体験談:難しい授乳方法

クリックして詳細を読む
思っていた以上に、慣れるまで授乳が大変でした。
あんなに難しいと思わなかったです。
うまく加えさせられなくて悪戦苦闘していました。
うまく吸えず、おっぱいトラブルで、乳首が切れたりしてすごく痛かったです。
赤ちゃんの唇にも吸いだこができてしまっていました。
慣れるまで結構大変でした。
(ゆいママ28歳・1歳息子・愛知県在住)

先輩ママの体験談:おっぱいが詰まる

クリックして詳細を読む
子どもを二人産んでいますが、一人目の時は、まだ母乳の出が安定していなくて、おっぱいがちゃんと開通していないからか、脂っこいものを食べると、すぐおっぱいが詰まって痛くなり大変でした。
特に揚げ物や、チョコレートなどはおっぱいが詰まる原因になり、絞るのが痛くて辛かったです。
(りょうまとうまママ29歳・2歳&0歳息子・静岡県在住)

先輩ママの体験談:出産より痛い

クリックして詳細を読む
子どもを産むまでは、母乳は自然に出るものだと思っていました。
しかし実際に産んでみても、母乳は全く出ず、看護婦さんに声をかけて母乳を出すために穴を貫通させないといけないことを知りました。
それが産後3日目のことで、痛くて痛くて、出産より辛かったです。
マッサージしたり、食べ物にも気をつけないといけなかったり、産むまで知りませんでした。
(さおちん65 28歳・1歳5ヶ月&2ヶ月・香川県在住)

2.体型はすぐには戻らない。戻るのは芸能人くらい?

妊婦陣痛
臨月になるとお腹もパンパンですが、出産と同時にお腹もペタンコになると思いますよね。
現実はなかなか厳しいものです。
出産後のおなかは、時間をかけて徐々に戻していくものなのです。
icon-check01授乳中にもできる産後ダイエットに3人のママが挑戦!5キロ~20キロ痩せに成功した方法公開

先輩ママの体験談:お腹がペタンコにならない

妊娠中に大きくなった自分の体は、もちろん、産後は元に戻ると思っていました。
実際は出産後もお腹が出ていて、お腹がぺったんこにならず、まだ中に赤ちゃんがいるみたいにふくれていてとても驚きました。
スッキリしてきたのは一ヶ月後ぐらいしてからでした。
(れなまま36歳・3歳娘・埼玉県在住)

3.妊婦さんは美しく優雅?

妊婦優雅
雑誌に載っている妊婦さんは美しく、優雅なイメージがありますよね。
現実は、悪阻と重い身体で優雅とは程遠くなってしまいがち。
服なんて着てればそれでいい…それほど妊娠って大変なんですよね。

先輩ママの体験談:洋服なんて着ていればそれでいい

妊娠するまでは 妊婦さんって美しいとか優雅、なんてイメージを持っていました。
しかし、実際妊娠してみると、吐き気でぐったり、フラフラ。
洋服なんて着ていられればなんでもいいと思うくらいでした。
つわりが治まってからも、今度はお腹が大きくなってきて重たく歩くのも大変になったり・・・と、実際経験してすごく大変なことなのだと実感しました。
(にゃんこ35歳・7歳&4歳息子・10か月娘静岡県在住)

4.1日4、5リットルの水分が消えていく…

KNSL3
母乳をあげるお母さんの中には、喉が渇いて仕方がないというお母さんも数多くいるそうですよ。
お腹もすごく空くので、生後3か月頃までは順調に落ちたのに、授乳量が増えてお菓子がやめられなかったという方も多くいます。
icon-check01母なるおめぐ実で母乳は増える?飲む前に読んでほしい授乳中にあずき茶を飲んだ口コミ

先輩ママの体験談:異常に喉が渇く

母乳を飲ませていたのですが、異常に喉が渇きました。
水分をすごく摂るようになりました。
一日に4~5リットル、麦茶をヤカンで一日に1、2回沸かしても追い付かないくらいでした。
お腹もすごく空いて、夜にオニギリを食べたりしていました。
これほどまでに水分が必要とは思っておらず、驚きました。
(双子まま39歳・2歳息子&娘・山口県在住)

5.母乳のお母さんは肌がきれいって、本当ですか?

KNSL室内(55)
赤ちゃんを母乳で育てると肌がきれいになると言われていますよね。
でも実際は、なかなか自分のケアまでできないものです。
赤ちゃんのことでバタバタでかえって肌が荒れたというママさんもいますよ。
簡単にできるスキンケアに変えてしまうのも一つの手ですね。
icon-check01想像以上のシミ・シワ・乾燥、出産後は肌トラブル続出!ビックリ体験談10選

先輩ママの体験談:出産前より悲惨に

出産前、助産師さんに、「赤ちゃん産んで母乳で育てると肌が綺麗になるわよ~」と言われたので少し期待をしていましたが、産んでみたら全然そんなことありませんでした。
毎日バタバタでストレスもあり、逆に肌がボロボロになってしまって、出産前より悲惨なことになってしまいました。
(とーママ25歳・9ヶ月息子・東京都在住)

6.体力の低下

ママ腰痛
出産すると体力や筋力が低下するママが多いようです。
赤ちゃんを抱っこしないといけないのに、体力がなくて大変だった方も多いようです。
免疫力が低下して風邪をひきやすくなったり、カンジタになりやすいなど、産前との違いに驚く方も。
腰痛がひどくなったりするケースも多いようです。
icon-check01男の子育児はしんどいけれど、ワンパクな息子にママが感動した話

先輩ママの体験談:体が弱くなった

出産後はとにかく、体が弱りました。
風邪をめったにひかない私でしたが、出産後は3ヶ月に一度、風邪をひくようになり、虫歯もできてしまいました。
腰痛もなかなか痛みがおさまらなかったりと、体ががたついていました。
赤ちゃんのお世話も大事ですが、自分自身のケアもきちんとしないとだめです。
(ここなまま30歳・7歳&5歳&2歳・神奈川県在住)

先輩ママの体験談:全身の筋力がなくなった

クリックして詳細を読む
出産については痛いものだと思っていたのですが、産後、全身の筋肉がなくなってしまったような感覚になったのに驚きました。
一人で立つことも座ることも寝ることもできませんでした。
自分の体が全く支えられないのです。
腹筋もなければ、背筋もなく、骨盤はハンマーで砕かれたような感じでした。
(ふーまま29歳・7ヶ月・新潟県在住)

先輩ママの体験談:体力が落ちた

クリックして詳細を読む
自分の体力が、想像以上に落ちていました。
妊娠中は重いものは持たない、お腹に力を入れるような動きはしない、など体の負担になることを避けていたら、妊娠する前は出来ていた腹筋が出来なくなり、腕の力も弱くなっていました。
産後は赤ちゃんをずっと抱っこしているので、力がないと大変です。
(ぽちゃちゃん25歳・7ヶ月娘・神奈川県在住)

7.妊婦や育児中のママは優しくしてもらえるなんて幻想です!

赤ちゃん湿疹1
市町村によっては、妊婦であることがわかるバッチやキーホルダーがもらえます。
鞄につけておくと、妊婦とわかって電車などで席を譲ってもらえる可能性もありますが、「妊娠中、1度も譲ってもらったことがない」という人も大勢います。
しかも、赤ちゃんの泣き声に舌打ちする人もいるなど、ママになってからも大変です。

先輩ママの体験談:周りの人が冷たく、うるさい

周りの人が意外に冷たいのに驚きました。
妊娠中に電車で席を譲ってもらえることは、たまにしかありませんでした。
周りの人たちの方が、性別に対して異常にうるさいのも驚きでした。
性別がわかる前から、会うたびに毎回聞いてくる人もいました。
中には男の子より、女の子の方がいいよ~とか、性別が男の子だとわかると残念だったねと言ってくる人もいました。
(パンプキン37歳・8ヶ月息子・東京都在住)

8.なんで忘れちゃうの?

KNSLおでかけ (42)
妊娠中、特に初産だと、とにかくいろいろなことが不安で不安で仕方がありませんよね。
経験者に話を聞いたり、ネットで情報収集するママさんたち、たくさんにいますよね。
情報収集は大切だと思いますが、個人差があるので、あくまで参考にしてみてくださいね。

先輩ママの体験談:精一杯だから忘れる

妊娠中、親、友達、先輩達に色々質問をしていました。
産んでから大変だったことやコツがあれば知りたかったのです。
でも皆さん口を揃えて言うのが、忘れちゃったと言うので、そんな簡単に忘れられるものなのかと…自分は絶対忘れなんかしないと思ってました。
今なら忘れてしまったと言う気持ちがわかります。
今に精一杯だから、新生児の頃、歩けない頃、どんな感覚だったかもう思い出せなくなるんだと思います。
(けんちゃんママ28歳・1歳息子・千葉県在住)

先輩ママの体験談:陣痛は痛くて怖いけど、乗り切れば赤ちゃんに会える

クリックして詳細を読む
私は、妊娠中陣痛が怖くてネットで色々調べていました。
どのような痛みなのか気になり、眠れない日々を過ごしたこともあります。
そして、出産した今思うと、妊娠中に想像していた陣痛の痛さとかなり違いました。
私は、お腹はまったく痛くありませんでしたが、腰がとても痛かったです。
腰の骨を折られる手前まで踏みつけられる感じが何度もあり、苦しかったです。
しかし、その陣痛を乗り切った今、可愛い赤ちゃんが笑顔を見せてくれます。
産んで良かったと思いました。
陣痛は痛いし怖いですが、2人目も早く欲しいなと思ってます。
(まいちゃんママ25歳・2ヶ月娘・福岡県在住)

スポンサーリンク

まとめ

出産すると、身体も軽くなって、自由が効くと思っていても、なかなか自分の体力や筋力が低下してしまっているお母さんが多いですね。
赤ちゃんのお世話が中心になるので、無理をせず、自分の身体を大切にして、ケアもして、徐々に回復していってくださいね。
母乳も簡単に出る人ばかりでなく、出すのに苦労したり、食べ物や薬も気を付けないといけなかったりと大変です。
でも、せっかく赤ちゃんに母乳をあげられるので、辛抱してくださいね。
母乳が出ないお母さんも、大丈夫ですよ。
粉ミルクは腹持ちもいいし、お母さんは、自分の好き食べ物も薬も飲めるメリットがありますからね。

それぞれ想像と違って、違和感を感じるかもしれませんが、焦らず、楽しんで、育児を始めてくださいね。

icon-check01授乳中にもできる産後ダイエットに3人のママが挑戦!5キロ~20キロ痩せに成功した方法公開

icon-check01想像と違った!産後の育児で驚いた赤ちゃんの体とお世話5選

icon-check01新生児・生後1カ月の赤ちゃんに手早くミルクを作ってあげたい!時短のコツ5選

-産後の悩み
-

Copyright© 後悔したくないママのための子育て充実サイト , 2017 All Rights Reserved.